人生詰みサイクル

自分REST@RT

初めまして^_^

初めまして、こんにちは。

 
rebo というHNで活動しているメガルカリオエルフーン、メガリザードン、ハッサムが好きなポケモントレーナーです。基本的に構築記事等ポケモン関連の記事を挙げていきたいと思います。読んでくれると嬉しいです。
 
☆戦績☆
レーティング
 
S6 1880
S7 2004
S8 2081
S9 2006
S10 2110
S11 2140
S12 2139
S13 2135
S14 2084
S15 2207
S16 2164
S17 2209
 
SM
 
S1 2196
S2 2171
S3 2103
S4 2168
S5 2102
S6 2169
 
USM
 
S7 2144
S8 2149
S9 2135
S10 2097
S11 2125
S12 2146
S13 2079
S14 2135
S15 2128
S16 2078
S17 1500
 
剣盾
 
S1 最高31位 最終2954位
 


第2回ファクトリーオフ 優勝
 
第1回ガチンコバトルオフ準優勝
 

ORASの目標
2200達成

USMの目標
2200に乗せる 22から1勝

剣盾の目標
ルカリオ全一。ルカリオを環境に増やす
 
 
 
 
何卒よろしくお願いします(▰╹◡╹▰)
 
 

f:id:reboioNa:20161115113833j:plain

 

【剣盾シーズン2】お祈りルカリオスタン【最終4??】

どうもこんにちは、reboです。第8世代初の構築記事になります。勝てませんでしたが個人的に使ってて楽しい構築ができたので簡単に紹介します。最終日はサザンドラの枠を入れ替えながら潜ってましたがサザンドラを使ってた期間が1番長いので今回はこの並びで記事にします。

 

 f:id:reboioNa:20200201091328p:plain

 

 

 

【構築経緯】

 

第8世代も1番上にルカリオを配置してスタート。アーマーガア対策に電気、炎タイプを無理矢理入れると構築の自由度が下がると考えている為、アーマーガア入りに積極的にTODを仕掛けていける残飯ギルガルドを次に採用。次にルカリオギルガルドどちらとも強力な並びを作れる浮いてる枠としてサザンドラを採用。この組み始めの3体に気になっていたドラパルト(弱点保険)、パルシェン(襷)、ミミッキュ(珠)の対面性能の高い3体を組み込んで使っていたがミミッキュの扱い方がわからずこの枠は結局最後までコロコロしてしまった。ギルガルド、ヌオー、ヒヒダルマやドラパルト入りに対してどうしても窮屈な立ち回りを迫られてしまいミミッキュドヒドイデドサイドン→ヌルを試したがしっくり来ず単体で対策する方法がわからなかった為、単体性能が高く運で解決できるトゲキッスを採用。ヒヒダルマパルシェントゲキッスを並べることで対策とした。

 

【単体紹介】

 

 f:id:reboioNa:20200125122728g:plain

ルカリオ@ラムのみ

特性:せいしんりょく

性格:おくびょう

実数値:147(12)-×-90-167(252)-90-155(244)

 

技構成:わるだくみ /てっていこうせん  /サイコキネシス /はどうだん

 

あくびが強い環境且つほとんどのあくび持ちに対して強く出られる為選出機会が多かったです。パルシェントゲキッスを裏に並べることでステロ撒き(主にカバルドン)を高確率で誘うのでこの対面が出来たら全試合わるだくみから入ってました。わるだくみ徹底抗戦でカバルドンを処理した後に出てくるギャラドスにも徹底抗戦で自主退場出来るのがオシャレでした。

 

 

 

 f:id:reboioNa:20200125122800g:plain

ギルガルド@たべのこし

特性:バトルスイッチ

性格:れいせい

実数値:167(252)-63-161(4)-112(252)-160-72

※シールドフォルム時 実数値

 

技構成:キングシールド /てっていこうせん/ シャドーボール /かげうち

 

受けループに対して数的優位を取ってTODしたいが為に残飯で採用しました。素早さは下降補正Vですが同速がちょくちょく発生してしまったのでカバルドン抜きの68まで落とした方が良かったです。

 

 

 

f:id:reboioNa:20200125051900g:plain 

サザンドラ@こだわりスカーフ

特性:ふゆう

性格:おくびょう

実数値:168(4)-112-110-177(252)-110-165(252)

 

技構成:あくのはどう /りゅうせいぐん /かえんほうしゃ /とんぼがえり

 

構築全体で素早さが遅くヒヒダルマアイアントに一方的にやられる為、スカーフで採用。

相手のダイマックスをサザンガルドで凌ぎに行きますが択まみれになり外したら負けに直結するので難しさを感じました。

技構成はスカーフサザンテンプレのあくのはどうりゅうせいぐん、炎技、とんぼにしました。特に理由はありません。

 

 

f:id:reboioNa:20200125122918g:plain

ドラパルト@じゃくてんほけん

特性:すりぬけ

性格いじっぱり

実数値:173(44)-175(132)-127(252)-108-96(4)-168(44)

 

技構成:ドラゴンアロー /ゴーストダイブ /そらをとぶ /だいもんじ

 

何となく使ってみたくて使ってみたら強くてしっくりきた枠①

シーズン1で使ってた竜舞ドラパルトがメジャーな弱保ドラパルトよりSが2高かったので技構成を替えてそのまま流用しました。

ダイマックスを切る事で不利対面を無理矢理突破したりダイドラグーンによる切り返し性能が強く選出率もかなり高かったです。

 

 

 f:id:reboioNa:20200125052011g:plain

パルシェン@きあいのタスキ

特性:スキルリンク

性格:いじっぱり

実数値:125-161(252)-201(4)-×-65-122(252)

 

技構成:からをやぶる /つららばり /ロックブラスト /こおりのつぶて

 

何となく使ってみたら強かった枠②

ダイマックスしないで戦えるのが偉いです。ルカリオのダイサイコと合わせてウドハンミミッキュを処理したり面白い動きができました。

 

 

 f:id:reboioNa:20200125052036g:plain

トゲキッス@いのちのたま

特性:てんのめぐみ

性格:ひかえめ

実数値:179(148)-×-115-189(252)-135-114(108)

 

技構成:エアスラッシュ /マジカルシャイン /だいもんじ/くさむすび

 

この枠は終盤まで色々試していましたがパルシェンと並べることで重いヒヒダルマに対して択を迫ることができ、ロトム系統に大きな削りを入れられる珠トゲキッスにしました。※調整は下記の記事参照

http://rururyoga.hatenablog.com/entry/2020/01/04/180231

 

 

【結果】

 

最終400位くらい(画像出たら貼ります)

 

序盤

 f:id:reboioNa:20200201091425j:plain

中盤

f:id:reboioNa:20200201091502p:plain

序盤、中盤は上位に貼り付けていましたが終盤についていけなくなったのが原因だと思います。構築で命中不安が多いこと、トゲキッスで不利対面でも構わず脳死プレイしてしまったのも反省点です。特性や戦術を対戦中に知ることも多々あったので1から勉強します;。;

前期ちゃんと潜れなかった分今期は楽しく潜れたので来期も楽しみつつ上を目指したいです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。なにか質問等ありましたらTwitter@rebo_25_live までお願いします。

 

 

 

第2回Battle Rebolution対戦レギュレーションについて

第2回Battlerebolution主催のreboです。

今回は、第2回Battle Rebolution対戦レギュレーションの変更についての記事となります。

対戦参加者は必ず目を通すようお願いします。

 

・ルールのダウンロードについて
今回のレギュレーション変更に伴い、ルールのダウンロードをする必要が無くなりました。当日は"ライブ大会"機能を用います。

・"ランクマッチ準拠"ルールについて
ランクマッチ"シリーズ2"の時間制限ルールが「総合時間制」が採用されており、数的有利を取った後、意図的な遅延行為を行う事で勝利判定が下されます。
ただし、第2回Battle Rebolutionおいてはこの「総合時間制」を採用せず、「持ち時間制」のみを採用します。
ここを変更したことにより、今回の第2回Battle  Rebolutionはランクマッチに準拠していません。ご了承ください。
ただし、使用可能ポケモンについては当日の現行シリーズと同様です。

・制限時間について
持ち時間は7分、1ターンの制限時間は45秒とし、総合時間の設定はしません。
ただし、試合時間が30分を超え、かつ「勝敗が決まりそうに無い場合」、「明確にPP差で勝敗が決まりそうな場合」、「PPが切れた後の試合展開で勝敗が決まる場合」の何れかが該当した場合は運営を介入させて協議しても構いません。
当日はローラー、たかきおすの2人をジャッジとして配属させます(見学スタッフ)

・その他変更点
第2回Battle Rebolution当日は持参していただくSwitch本体で"ライブ大会のダウンロード"を行います。
ルールのダウンロードを行った直後、パーティの登録がゲーム内で行われるため、受付の前までに必ずバトルボックスに当日使用する構築を登録してください。
(当日、会場では育成や調整等を行わず、確認だけで登録を済ませられるようにしてください)
レンタルパーティに関しては使用不可です。

"ライブ大会の参加方法"及び"受付の案内"に関してはオフ前日に主催Twitterアカウント( @rebo_25_live )にて告知します。

第2回 BattleRebolution

どうも、こんにちは。reboです。この度、第2回Battle Rebolutionの開催が決定しました。

 

 

▫️概要

 

・日時:2020年2月24日10時半〜20時(予定)

・募集期間:2020年1月4日21時〜2月23日

・会場:グリーンカレッジホール

・定員:対戦参加144名(運営含む)

見学参加10名(運営を含まない)

・参加費:対戦参加1000円 見学参加 500円

 

▫️運営スタッフ

f:id:reboioNa:20191228164617j:image

 

・rebo(主催)  @rebo_25_live

・のぶれん(対戦参加)  @hurricane_pk

・バンビー(対戦参加)  @bannbee__

・ライバロリ(対戦参加) @raibarori

・カラー(対戦参加)  @collar_erpk_

・さいく(対戦参加) @zvlku

・じる(対戦参加)  @staaaar_crew

・クゥリ(対戦参加)  @kuuri_yatsume

・チハヤ(対戦参加)  @sorariku524

・ローラー(見学参加)  @pokeroller

・たかきおす(見学参加)  @LK1oS

 

▫️当日スケジュール予定

 

9時45分〜10時30分  受け付け

10時30分〜11時00分  開会挨拶 運営自己紹介

11時00分〜12時00分  予選(午前の部)

12時00分〜13時00分  昼休憩

13時00分〜15時 予選(午後の部)

15時〜15時半 予選結果集計

15時半〜16時 KP発表 予選抜けトレーナー発表

16時00分〜18時30分  決勝トーナメント

18時30分〜 準決勝 決勝 閉会式

 

※試合状況によってスケジュールを変更する場合がございます。

 

▫️会場

 

グリーンカレッジホール 4階ホール
都営三田線 志村三丁目駅 徒歩5分

http://www.gch-itabashiku.jp/tabid/55/Default.aspx

 

▫️参加申請方法

 

2020年1月4日(土) 21:00~2月22日(土)23:59を参加申請およびキャンセル期間といたします。

下記のフォームから申請後、申請した旨を@rebo_25_live まで申請後1日以内にリプライしてください。当アカウントがフォローしていない鍵アカウントの場合、リプライが届かないので必ず外してから送るようにお願いします。

また、捨てアカウントからの申請は原則受け付けません。

 

・テンプレート

@rebo_25_live 第2回Battle Rebolutionに対戦参加申請している○○です。本人確認お願いします。

「○○」には参加申請したHN(ハンドルネーム)をご記入ください。いいねが返ってきたら申請完了になります。

 

Battle Rebolution 参加申請フォーム

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScRZMaSLSgHqtCAdP85nFAmMYlm_YBXTVv0d4ZRZGOoeWnILw/viewform

 

申請者一覧

https://docs.google.com/spreadsheets/d/15RWHDOkDlntxgNubr-VWESIwzcfU1ltCIhLEwog6twM/htmlview

 

・キャンセル連絡について

申請した後、予定などが入りキャンセルしなければならなくなった場合、主催の@rebo_25_liveまで連絡を入れてください。

 

▫️対戦ルール

 

ルールなどに関しては公式の対応に合わせて変更がある場合があります。ご了承ください。

 

ポケットモンスターソード シールドのロムを使用して対戦します。

・シーズン2 ランクマッチ準拠。Lv50フラット見せ合い6→3シングルバトルです。(一部キョダイマックス使用可能)

 

今作では全参加者に事前にルールのダウンロードをしていただく必要があります。オンライン環境が必要ですので、必ず前日までに以下の手順でダウンロードをしておいてください。

 

①メニューを開き「VS」を選択する

f:id:reboioNa:20191226185126j:image

 

②「バトルスタジアム」を選択する

f:id:reboioNa:20191226185131j:image

 

③「ルールのダウンロード」を選択する

f:id:reboioNa:20191226185148j:image

これで完了です。

 

 

1月17日追記

対戦レギュレーションを変更しました。参加者の皆様はこちらの記事で確認をお願いします。

http://reboiona.hatenablog.com/entry/2020/01/17/214944

 

 

※ルール詳細

https://battle.pokemon-home.com/regulation/000001021/ja

 

・配信の都合上、レンタルパーティーの使用は禁止にします。

・外部機器による改造ツールを施したロムの使用、ランダムマッチレーティングシングルバトルで使用できないポケモン及び通常のプレイでは入手できないポケモンの使用を禁止します。

・外部機器等で改造や、ゲーム中でのバグを利用して本来あり得ないデータになっているポケモンの使用を禁止します。

全試合を消化するまでパーティ・種族・フォルム・技(技の順番も含む)・持ち物・努力値・PP・すごいとっくん・なつき度等の各種ステータスの変更を禁止します。

・対戦中の故意による遅延行為を禁止します。対戦相手に遅延行為の疑いがあるときはスタッフを呼んで下さい。

・対戦中にインターネット、事前メモ、他機器(もう1台のDSなど)等の媒体を使用し対戦に影響の出る情報を引き出す行為を禁止します。

・携帯の使用はカメラを利用したPTメモと電卓アプリの使用に限り、可能とします。尚、使用の際は相手に一言申し出るようにしてください。

・電卓を使用したダメージ計算、対戦中にメモ帳等を用いたメモは可能です。

・勝敗に関しては原則ゲーム内での結果に従って頂きます。

・対戦中に通信エラーが発生した場合は原則再現とします。

・再現が難しい戦況ならば当事者同士の合意により再戦とします。

ゲーム時間内で対戦が終了しなかった場合は、時間制限なしでゲームを続けたことを仮定して話し合いを行ってください。

・試合時間が長くなることが想定される場合、当事者同士の合意により話し合いで勝敗を付けていただいても構いません。(ただし、必ず引き分けでなく勝ち負けを決定してください)

・対戦相手と話し合いで一致しない場合などのトラブルが発生したら運営を呼んで下さい。

・試合開始後に自分の選出内容が分かる証拠(写真を撮る等)を残すことを推奨いたします。(選出された3体が不明な状態での通信エラーの際、証拠が残っている方の意見を優位に扱います)

・対戦相手の型を他の方に伝える所謂「ネタバレ」はしないようにお願いします。相手の技などを喋らない、Switchの音をつけない(音ありでやりたい方はイヤホンをする)、これから対戦する可能性のある人の対戦は見ないなど。

・その他ルール上での不測の事態があればその都度主催が判断を下す場合があります。

 

▫️ブロック予選

 

基本的には上位2名が決勝トーナメント進出。

・グループ内に勝ち数が同じ方が複数いた場合

直接対決>遅刻や申請不備の有無>オポネント>じゃんけん

で順位を決定します。

・予選で未消化が発生した場合は明らかに消化の遅かった方が見受けられたらその方の負け扱いとします。

・運営側で判断がつかない場合は未消化を全て負け扱いとします。

 

▫️決勝トーナメント

 

・予選を勝ち上がった人同士でのトーナメント方式で対戦を行い、最後まで勝ちあがった方が優勝となります。

・決勝トーナメントの試合からは、1試合30分の時間制限を設けます。

・決勝、準決勝はスクリーンにて上映、配信サイトにて配信します。

 

 

▫️注意事項

・遅刻について
10時30分までに会場内で受付を済ませていない場合は遅刻扱いとなります。

遅刻の時間によって以下のように対応が変わります。

 

☆遅刻連絡を入れて、かつ1時間以内の遅刻の場合

・予選で勝数が並んだ場合,全ての条件を無視して下位の成績とする。

 

☆遅刻連絡を入れて、13時半(昼休憩)以降を過ぎた場合

・対戦参加から見学参加で強制的な変更を行います。

 

☆無断欠席の場合
・今後のBattleRebolutionの参加権の剥奪。

 

☆連絡は全て主催のTwitterアカウントである@rebo_25_live まで連絡していただくようにお願いします。

またやむを得ない遅刻(交通機関の乱れ)や欠席等についてはこの限りではありません

 

 

・会場は公共の施設ですので、他の利用者の迷惑にならないようお願い致します。

・盗難及び紛失等、当対戦会中に発生したいかなるトラブルに対しても主催者は責任を負いません。

・行動や言動に著しく問題があった方に対しては、当オフ会への参加をお断りする場合があります。

・相手を威圧する行為を禁止します。

・許可無くオフ参加者を撮影するなどの行為を禁止します。

・当オフで何かトラブルが発生した場合に、運営の許可なく記事にしたりTwitterなどのSNSに投稿することを禁止します。

・その他常識で考えられないような行動は禁止します。

ポケモン以外のゲーム類はオフ運営に差しさわりの無い場合にのみ使用を認めます。

・対戦会終了後、対戦参加者のパーティ、集計した被りポイントを後日当ブログにて公表を行います。

・過去に問題を起こしてる方は運営で協議の上、参加を拒否させていただく場合がございます。

・当オフに参加される方は以上の項目を了承したとみなし、運営に全面的に従って頂きます。

 

たくさんの申請お待ちしております!!

ꫛꫀꪝルカリボ

どうも、reboです。使ってて楽しいルカリオが出来たのでルカリオが増えるといいなぁという期待を込めつつ簡単に紹介をします。細かい調整等はまだ煮詰まってないですがハマれば強い構成にはなりました。




以下、型と感想をダラダラ書きました。


f:id:reboioNa:20191121164428g:plain


ルカリオ@カムラのみ


持たせるとHPが4分の1以下になった時に、すばやさが1段階上昇する。


特性 :精神力


相手の技で怯み状態にならない。

襷想定の襷潰しねこだまし対策として役に立ちます。


性格:陽気(特攻↓素早さ↑)


実数値:145-162(252)-91(4)-×-90-156(252)


技構成


①こらえる


必ず先制できる(優先度:+4)。そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。連続で使うと失敗しやすくなる。


相手のダイマックスターン消費、後述する起死回生の火力の底上げ等と相性が良いです。カムラのみとの相性も良く①攻撃②こらえる(カムラ発動)③上から攻撃という立ち回りが産まれ相手の想定外からの崩しを行えるようになりました。


②きしかいせい


自分の残りHPが少ないほど威力が高くなる。(威力は20~200)


こらえるを覚える為インファイトよりも火力を見込める起死回生を採用。元々火力がインファイトでは足りないと思っていたのでかなりいいチョイスになったと思います。



③コメットパンチ


20%の確率で自分の『こうげき』ランクが1段階上がる。特性『てつのこぶし』の時、威力が1.2倍になる。


タイプ一致メインウェポン。ルカリオの中で最も汎用性を持っているウェポンと思っていて個人的には必ず入れておきたいと思いました。


④がんせきふうじ


100%の確率で相手の『すばやさ』ランクを1段階下げる。


起点回避の為に採用しました。ギャラドスルカリオを起点に舞って来る為刺さりが非常に良かったです。


メガシンカが没収された為、全体的に中途半端な数値に戻ってしまいました。が、使っていて楽しいしまだやれるポケモンだとも感じたのでぜひ多くの人に使って貰いたくて記事にまとめました。7世代ではなかなかルカリオの型、構築が開拓されず環境に置いていかれてしまった感があるのでこれを機にぜひルカリオを使ってみて欲しいです。

















突発rebo杯 final

どうも、reboです。7世代最後のrebo杯を開催します。


f:id:reboioNa:20191110005035j:plain11.10(日)21時開始



★ルール


・シングルトーナメント


・レート準拠6350


・1戦ごとにパーティー変更可能


TOD禁止


・試合時間が20分を超えて且つ終わりが見えない場合は連絡をしてください。お互い話し合いで勝敗が決まるなら話し合い、決まらない場合はじゃんけんで決めます。


・回線切れの画面は必ず写真に収めてください。原則切れた方の負けとします。


・放送は相手の許可を取らずにして構いません。


・大会にはトーナメントくんを使用します。見方のわからない方は参加者間で解決してもらえると助かります。


★申請方法


・このツイートに12時〜20時までに下記のテンプレートの通りにTN@フレンドコードのリプライを送ってください。


例 U☀︎rebo@ 3196-6460-3507


いいねと返信が来たら登録完了です。時間が経ってもいいね、返信が来なかった場合は再度連絡をお願いします。


・人数が増えすぎた場合、予定の時間より早めに募集を締め切る場合があります。


・また、平和に大会を進行したいので特定のプレイヤーに対して参加拒否する場合があります。ご了承ください。



★景品


優勝者にポケットモンスターソード  シールドのダウンロード版どちらか好きな方


または


アイドルマスターミリオンライブシアターデイズに課金するようのiTunes、Google Play1万円分


https://millionlive.idolmaster.jp/theaterdays/sp/



参加してくれた人に不快な思いをさせたくないので相手dis、プレイングdis等は必ずしないでください。


それでは参加お待ちしてます・。・v




7世代の自分を振り返るキモオタク

どうも、reboです。7世代最後の記事になります。

 

オタクのキモイ自分語り7世代versionです。苦手な方はブラウザバック推奨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズン1

 

最高 2196

 

f:id:reboioNa:20190905233523j:plainf:id:reboioNa:20190905233539j:plainf:id:reboioNa:20190905233557j:plainf:id:reboioNa:20190905233613j:plainf:id:reboioNa:20190905233621p:plainf:id:reboioNa:20190905233632p:plain

 

ポケモンXYの終わりからポケモンを始めた為、6世代シーズン1のような限られたポケモンのみの環境に憧れがあった。それもあってかなり楽しめたシーズンだった。

 

ルカリオ使いで集まって序盤の厳選環境を整えたり孵化余りを交換し合ったり環境考察するのが本当に楽しかった。その中でも原田さん考案の珠マンムーがめちゃくちゃ強くシーズン最後まで愛用した。また、めざ電ルカリオを採用したところ8割以上選出、出来て本当に楽しかった。

 

シーズン最終日までレリセ込み1700戦するくらい楽しくて毎日レートに潜り続けた。それにレートが伴ったのは最終日で2200チャレンジまで2回到達したが2度とも同じプレイヤーに負けたのは今でも忘れられない。

 

この頃から目標は自分が6世代で2度びびって潜れなかった2200から1勝することだった。

 

 

メインロム☀︎rebo☀︎

サブロム Serena♣︎

 

 

シーズン2

 

最高 2171

 

パーティー

f:id:reboioNa:20190905234907j:plainf:id:reboioNa:20190905234942j:plainf:id:reboioNa:20190905235033j:plainf:id:reboioNa:20190905235106j:plainf:id:reboioNa:20190905235123j:plainf:id:reboioNa:20190905235246p:plain

 

パーティー

f:id:reboioNa:20190905235330j:plainf:id:reboioNa:20190905235353j:plainf:id:reboioNa:20190905235406j:plainf:id:reboioNa:20190905235420j:plainf:id:reboioNa:20190905235433j:plainf:id:reboioNa:20190905235446j:plain

 

ポケバンク解禁。6世代でも愛用していたルカリオリザードンの並びを使うと決めていた。受けループにひたすらレートを献上していたが自分なりに新しい型だったりを考察出来ていた。気合玉と波動弾を両立したルカリオや高速移動電気Zレボルト(起源ではない)など自分で考えられていた。全てが6世代からの流用個体で新世代に適応しようと全くしなかったのが後悔。

 

この頃はメガギャラドスが最強だと思っていたがプレイングが上手い人しか勝てないのに気づくまで1年以上ここからかかった。

 

2200がたくさん出たシーズンでもありかなり悔しかった。因みにここから最後のシーズンまで手を抜いて潜ったシーズンは1つもなく時間の許す限りは2200を目指していた。最終2100に乗っているシーズンは9時まで潜って時間が切れてしまったのが理由。


最終日にも関わらず気分で2つの構築を使い分けていたが絶対に良くなかった。

 

メインロム☀︎rebo☀︎

サブロム いぶきつばさ

 

 

 

シーズン3

 

最高 2103

 

f:id:reboioNa:20190906065819j:plainf:id:reboioNa:20190906070026p:plainf:id:reboioNa:20190906070034p:plainf:id:reboioNa:20190906070041p:plainf:id:reboioNa:20190906070054j:plainf:id:reboioNa:20190906070114j:plain

 

自分の好きな受け2枚攻め4枚の構築。舞羽リザードンで場をコントロールしながらミトムナットで回すのが楽しかった。

 

ゴールデンウィークにあったファクトリーオフで優勝、キツネの社の方ではスイスドロー9-0、決勝トーナメントベスト8の成績を残せ、自信を持ってレートに臨んでいたが思うようにレートは上がらなかった。

 

最終日前日は旅行中にも関わらずレートをしてて周りに若干引かれていた。最終日は宿泊先のWiFiが4んでいた為、6世代唯一の潜らないシーズンになってしまった。

 

メインロム☀︎rebo☀︎

サブロム 無し

 

 

 

シーズン4

 

最高 2168

 

パーティー

 

f:id:reboioNa:20190906071709j:plainf:id:reboioNa:20190906071948p:plainf:id:reboioNa:20190906071958j:plainf:id:reboioNa:20190906072007p:plainf:id:reboioNa:20190906072015p:plainf:id:reboioNa:20190906072024p:plain

 

1度目の2100まではこの構築。飛行Zカイリューの対面性能の高さ、草Zバシャーモの奇襲性能、ブルルバンギのシナジーを持った並びと自分なりに新しいルカリオの取り巻きを開拓出来たシーズンでもあった。

 

メタグロスがシンプルに重かった記憶がある。また、この頃は草Zバシャーモがそこそこ流行っていたのもあって常にレヒレとは択になっていた。

 

パーティー

f:id:reboioNa:20190906071106j:plainf:id:reboioNa:20190906071122j:plainf:id:reboioNa:20190906071134j:plainf:id:reboioNa:20190906071145j:plainf:id:reboioNa:20190906071155j:plainf:id:reboioNa:20190906071207j:plain

 

自分が今でも好きなルカミミカバリザボルトパルの並びのデビューシーズン。自分のやりたい事を押し付ける構築は使っていてやはり楽しかった。ポケモンを始めてから積み構築を長い間使っているが1番手に馴染んでいる。この構築を作れた経緯はかなり雑で上の構築でレートを溶かしてしまいヤケクソで適当に組んだら最終日前日に瞬間1位まで流れが良く上げることが出来た。しかし今になってラムパルシェンやステロ+霊獣ボルトロスなど当時の環境に上手く指すことが出来ていたと思う。保存すれば4位だったけど1ページ目より2200が欲しかったからひたすら潜っていた。

 

メインロム☀︎rebo☀︎

サブロム しのもりEX

 

 

シーズン5

 

最高 2102

 

f:id:reboioNa:20190906072826j:plainf:id:reboioNa:20190906072838j:plainf:id:reboioNa:20190906072852j:plainf:id:reboioNa:20190906072904j:plainf:id:reboioNa:20190906073026j:plainf:id:reboioNa:20190906073044j:plain

 

最終日付近で2100に滑り込み成功したがプレイングが甘くそこからは1勝も出来ず溶かしていった後悔の残るシーズン。レボルトをコケコにしたせいで常にスカーフ地面が重くなり過ぎてしまった。またミミッキュを襷から替えてしまった為、ギルガルドがどうしようもなくなってしまった。

 

シーズン中盤は高速移動悪巧みルカリオで遊んでいたり初めてボーマンダを使ったりと新しい挑戦も色々出来た。

 

悪いことだけではなくいい事としてこの構築からルカミミカバリザ+襷+自由枠の並びを自分の中で確立することが出来た。また、始めは疑いながらABミミッキュを使っていたが実際かなり強く次のシーズンはこいつを軸に組むことに決めた。

 

メインロム☀︎rebo☀︎

サブロム しのもり

 

 

シーズン6

 

最高 2169

 

f:id:reboioNa:20190906074618j:plainf:id:reboioNa:20190906074632j:plainf:id:reboioNa:20190906074646j:plainf:id:reboioNa:20190906074657j:plainf:id:reboioNa:20190906074709j:plainf:id:reboioNa:20190906074722j:plain

 

挑発ミミッキュ剣舞リザードンorルカリオパルシェンorボルトロスの選出を構築段階でシュミレーションしながら組んだ。役割集中によるやりたい事の押し付け、勝ちまでのルートが見つけやすく自分の1番お気に入りの構築。

 

この頃から流行り始めた激流水Zゲッコウガと全くマッチングしなかったのも自分にとって追い風でいい感じでレートを上げられた。最終日24時の段階で2159まで上げられたがそこから怒涛の回線切れラッシュで2010くらいまで溶けてしまった。諦めかけたが身内のプレイヤーにまだいけるとの言葉を貰って2169まで持っていくことが出来た。2169の時点で当たった相手の草結びメタグロスにぐっちゃぐちゃにされてゲームながら悔しくて泣いた。

 

止めてたら最終2位だったのに、と言われることが多々あったがそれは他のプレイヤーにも言える結果論だし手が届きそうなラインまで来てるのに辞められないでしょ…

 

シーズン終わってからUSMまでの空いた期間に初めての大会も開いてみた。rebo杯のまとめを今までしてこなかったのでこの記事に載せていく。

 

第1回突発rebo杯! 参加人数246人

 

メレメレブロック

f:id:reboioNa:20190906081145j:plain

 

アーカラブロック

 

f:id:reboioNa:20190906081208j:plain

 

ウラウラブロック

 

f:id:reboioNa:20190906081230j:plain

 

ポニブロック

 

f:id:reboioNa:20190906081311j:plain

 

決勝トーナメント

 

f:id:reboioNa:20190906081402j:plain

 

 

自身初めての大会であり運営としてローラーさん、kouheyさん、Louisさん、シュウさん、しのもりさんに手伝ってもらい成功することが出来た。本当にありがとうございます。

 

メインロム☀︎rebo☀︎

サブロム いおりお

 

 

 

ここからUSM

 

 

 

シーズン7

 

 

最高 2144

 

f:id:reboioNa:20190906081653j:plainf:id:reboioNa:20190906081709j:plainf:id:reboioNa:20190906081723j:plainf:id:reboioNa:20190906081734j:plainf:id:reboioNa:20190906081749j:plainf:id:reboioNa:20190906081800j:plain

 

元々はシーズン6で使っていたパーティーだったがアーゴヨンの登場、身代わり水Zゲッコウガのメジャー化に伴い全く勝てなくなってしまった為パルシェンを解雇するところから始まった。逆に自分で水Zゲッコウガを使ってみてポリゴン2を処理できた時は変な声が出た。

 

ルカミミカバリザ@2が自分で使い慣れてもいるし最もパワーを発揮できる構築だと思い@2は色々試した。その中でもしっくり来たのがリザードンYと合わせることで拘りテテフにエスパー技を強要させ起点に出来る身代わりゲッコウガを初めに組み、ラスト1枠に身内のプレイヤーが使っていた穏やかめざ地アーゴヨンに着目した。リザードンアーゴヨンミミッキュの並びを見て確実に出てくるヒードランを誘い殺すことができるのが芸術点たかかった。しかし最終版はヒードランの減少に伴いレートが上がらずに終わってしまった。

 

ここからは大会のお話。

 

第2回突発rebo杯  参加人数80人

 

f:id:reboioNa:20190906082728j:plain

 

 

同じように突発大会をよく開いていたあーもんどさんに声をかけて一緒に大きめのチーム戦を開くことにした。

 

サンヨウカップ 参加チーム111 参加人数333

 

f:id:reboioNa:20190906083328j:plainf:id:reboioNa:20190906083339j:plainf:id:reboioNa:20190906083348j:plain

 

 

 

メインロム U☀︎rebo

サブロム Spica.

 

 

シーズン8

 

最高2149

 

f:id:reboioNa:20190906083957j:plainf:id:reboioNa:20190906084010j:plainf:id:reboioNa:20190906084020j:plainf:id:reboioNa:20190906084031j:plainf:id:reboioNa:20190906084041j:plainf:id:reboioNa:20190906084055j:plain

 

型、選出、立ち回りの考察をおそらく今までで1番出来たシーズン。共有カバメタ且つ対応範囲を広げたオーバーヒートとニトロチャージを両立したリザードンがただただ強かった。使い慣れたポケモンに少しアクセントを加えたら面白いようにハマった。最終1ページ目圏内までは辿り着いたが2200には全く掠る気配がなかった。しかし4時間ほどずっと2100帯で対戦でき本当に楽しく、高レート同士の手に汗握る戦いが本当に好きだと実感した。

 

原田さんの影響もあり多分1番メジャーなルカリオ構築になったと思う。

 

第3回突発rebo杯  参加人数158人

 

f:id:reboioNa:20190906084901j:plain

 

 

メインロム U☀︎rebo

サブロム zz CHALUCA zz

 

 

 

シーズン9

 

最高2135

 

f:id:reboioNa:20190906085223j:plainf:id:reboioNa:20190906085236j:plainf:id:reboioNa:20190906085250j:plainf:id:reboioNa:20190906085335j:plainf:id:reboioNa:20190906085347j:plainf:id:reboioNa:20190906085401j:plain

 

このシーズンは構築の考察等全て怠けていた。ここら辺のシーズンから右肩下がりに成績が下がって行ってしまい今思うと分岐点だったのかもしれない。

 

しかし対戦面に関していえば選出面ではかなり成長出来たシーズンだったと思う。

 

 

第4回 突発rebo杯 参加人数202人

 

f:id:reboioNa:20190906090029j:plain

 

 

メインロム U☀︎rebo

サブロム Air Work

 

 

シーズン10

 

最高 2097

 

f:id:reboioNa:20190906090159j:plainf:id:reboioNa:20190906090211j:plainf:id:reboioNa:20190906090224j:plainf:id:reboioNa:20190906090238j:plainf:id:reboioNa:20190906090249j:plainf:id:reboioNa:20190906090301j:plain

 

真皇杯予選11-0。決勝トーナメント2-0 ベスト8が確定した時点でパーティー記入シートの記入ミスが発覚。性格の欄の陽気ルカリオを臆病と記入してしまい敗退。自分の頭の悪さに負けてしまった。

 

 

型もかなり変えて考察もしっかりしたつもりだったシーズンだったが最終日に怯めっ!って叫びながらミミッキュにエアスラをひたすら打っていた。弱い。

 

連続2100が途切れたのとこの頃は自分は2100には乗れるプレイヤーだと思っていたから本気で効いてしまった。積み上げてきたものが一気に崩れてしまった。

 

おこぼれrebo杯(第5回) 参加人数 84人数

 

他の突発大会の敗退者に合わせて大会を開いた。

 

f:id:reboioNa:20190906090904j:plain

 

メインロム U☀︎rebo

サブロム でこちゃん

 

 

 

 

シーズン11

 

最高 2125

 

f:id:reboioNa:20190906091050j:plainf:id:reboioNa:20190906091103j:plainf:id:reboioNa:20190906091115j:plainf:id:reboioNa:20190906091128j:plainf:id:reboioNa:20190906091138j:plainf:id:reboioNa:20190906091151j:plain

 

こちらも今となってはメジャーになった並びだと思う。ルカミミカバリザガッサボルトの並びだと岩技グロス、思念グロスで半壊してしまうのを課題だと感じており新しい並びを組んだ。カバマンダもまだこの時は多くゲッコウガを採用することでかなり立ち回りの幅を広げられた。1day2100を達成できてウキウキ。

 

第6回突発rebo杯 参加人数 229人

 

f:id:reboioNa:20190906091841j:plain

 

メインロム U☀︎rebo

サブロム LONELY ALICE

 

 

 

シーズン12

 

最高 2146

 

f:id:reboioNa:20190906092059j:plainf:id:reboioNa:20190906092110j:plainf:id:reboioNa:20190906092203j:plainf:id:reboioNa:20190906092215j:plainf:id:reboioNa:20190906092227j:plainf:id:reboioNa:20190906092238j:plain

 

このシーズンは最終日まで全く勝てなかったし構築も何も決まらなかった。この並びになったのも最終日午前1時でひたすら上振れるまで高速で対戦を回していた。4時くらいに2100に乗せられ1ページ目圏内までいけたがその後はずっと2100前半で停滞してしまいタイムアップ。2130ミラーの対戦は今でも忘れられないくらい楽しかった。

 

第7回突発rebo杯 参加人数 175人

 

f:id:reboioNa:20190906092805j:plain

 

 

メインロムU☀︎rebo

サブロムLONELY ALICE

 

 

シーズン13

 

最高 2079

 

f:id:reboioNa:20190906093121j:plainf:id:reboioNa:20190906093133j:plainf:id:reboioNa:20190906093144j:plainf:id:reboioNa:20190906093202j:plainf:id:reboioNa:20190906093215j:plainf:id:reboioNa:20190906093229j:plain

 

構築はシーズン11と変わらず。ここまで勝てなくなるとは思ってなかったしもうトップ層では戦えないくらいついていけてない現実を見せつけられた。悔しさより萎えが先に来てしまいなんとも言えない気持ちだった。

 

 

初の対戦オフである Battle Rebolutionを主催した。スタッフ、絵師さん、参加者みんなのおかげで成し遂げられ本当に楽しかった。7世代で1番の思い出になった。

 

http://reboiona.hatenablog.com/entry/2018/12/02/210000

 

f:id:reboioNa:20190906102826j:plain

 

 

 

第8回突発rebo杯 参加人数 135人

 

f:id:reboioNa:20190906093603j:plain

 

毎シーズン大会を開いていたがここで一旦ストップ。個人的に作業している感じが好きだからずっと仲間大会ではなく当日参加募集中の手動の大会を開いていたがもう沢山の人を集める自信がなくなってしまった。それともう1つ理由があって、Twitter上で他人を煽るツイートや喧嘩しているのを多々見ていてせっかく参加してくれる人が不快な思いをしたら嫌だなと思い第8回を最後に開いていない。

 

こんなこと言ってるけど世代終わる前に大きめの突発大会開くつもりだからみんな参加よろしくね。

 

 

メインロムU☀︎rebo

サブロム amu

 

 

シーズン14

 

最高2135

 

f:id:reboioNa:20190906094026j:plainf:id:reboioNa:20190906094040j:plainf:id:reboioNa:20190906094227p:plainf:id:reboioNa:20190906094235p:plainf:id:reboioNa:20190906094249j:plainf:id:reboioNa:20190906094301j:plain

 

ベースはのぶれんさんのランドカビルカリオ。本人から色々聞いて自分なりに使いやすいようにアレンジを加えた。ステロ+奮い立てるオバヒリザードンや意地リサイクル捨て身カビゴンなど相手から見えない勝ち筋を仕込むことが出来た。

 

このシーズンが1番真剣に取り組んだし自分なりに深く考えていた。なんならシーズン中盤から全試合未公開のサブブログに選出、対戦内容、相手の型のメモを残していた。

 

f:id:reboioNa:20190906102918p:plain

 

 

 

そのおかげもあっていいペースで2ロム2100、終盤1位までいけたが最終日付近で片方のロムを爆溶かししてしまい自信を無くしルカミミカバリザボルトゲッコウガの並びに逃げてしまった。このシーズンに関しては本当に後悔しているし自分の並びを最後に自信を持って、潜れなかった弱さが悔しい。

 

また、このシーズンでルカリオの限界を感じ6世代から30シーズン続けて使っていたルカリオを次シーズンで抜くことを決めた。

 

メインロムU☀︎rebo

サブロム はらだなおき

 

 

シーズン15

 

最高 2128

 

f:id:reboioNa:20190906095731j:plainf:id:reboioNa:20190906095742j:plainf:id:reboioNa:20190906095755j:plainf:id:reboioNa:20190906095810j:plainf:id:reboioNa:20190906095820j:plainf:id:reboioNa:20190906095830j:plain

 

7世代に置いて、自分が最も信用している挑発ミミッキュリザードンX+ゲッコウガの並びから自分好みに構築を組んで行った。

 

6世代で最強ポケモンであるガルーラを嫌いだからという理由で一切触らなかったが後々考えたら少し勿体ない気がした為、個人的7世代最強ポケモンであるギルガルドはぜひ使いたいと思っていた。Sを伸ばしたギルガルドはミラーでも一切負けず強かった。

 

この戦績ではあるがレート2200はこの時もずっと目指していた。しかしこのシーズンで心が完全に折れた。

 

メインロム U☀︎rebo

サブロム FLAWLESS

 

 

 

シーズン16

 

最高 2083

 

f:id:reboioNa:20190906100542j:plainf:id:reboioNa:20190906100554j:plainf:id:reboioNa:20190906100607j:plainf:id:reboioNa:20190906100618j:plainf:id:reboioNa:20190906100630j:plainf:id:reboioNa:20190906100640j:plain

 

最終日まで2000ロムを触る時間がなかったのと考察を怠った結果とんでもない結果に終わってしまった。元々ルカミミカバリザボルトゲッコウガで2070まで行ったがそこから溶かしてしまいなんとなくこの並びに変えた。

 

レートも上がらず最終日は2000帯でずっと苦しんで終わってしまった。

 

メインロム U☀︎rebo

サブロム JoyfulGretel

 

 

 

 

まとめ

 

SM最高レート  2196

USM最高 2149

 

SM平均最高レート 2151.5

USM平均最高レート 2122.1

7世代平均最高レート  2133.125

 

目標には届かなかったのが今になって悔しくて堪らないです。が、対戦を通じて広がったコミュニティだったり大切なものも出来て楽しかったです。

 

それなりに名前が伸びてきて応援してもらえる立場になって嬉しかったが期待に応えられなかったらどうしようという重圧もありました。8世代は対戦勢になるかまだわからないですがのんびり自分のペースで楽しんでいきたいと思います。

 

自分は周りのプレイヤーに恵まれていて本当に楽しく7世代をやり続けられました。感謝してもしきれないです。本当にありがとうございました。

 

最後に、ここまで読んでいただきありがとうございました!次の記事は8世代になります。